Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/noip/lonelyse.campus-web.net/public_html/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/noip/lonelyse.campus-web.net/public_html/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/noip/lonelyse.campus-web.net/public_html/wp-includes/media.php on line 1206

Windowsの空き容量を増やす方法

Windowsの空き容量を増やす方法

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/noip/lonelyse.campus-web.net/public_html/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/noip/lonelyse.campus-web.net/public_html/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/noip/lonelyse.campus-web.net/public_html/wp-includes/media.php on line 1206

Windowsの空き容量を増やす方法

Windowsは使用していると、使用しているソフトウェアによっては、どんどんハードディスクの容量が少なくなっていきます。今回は、空き容量を増やす方法です。

使用していなファイルの場所

アプリケーションの削除や要らないファイルを削除するのは、もちろんなのですが、一時ファイルを削除するのが一番効果が出ます。Windowsの中には、一時ファイルといって、実際にはシステムが使っていないファイルがあります。そちらを、一気に削除することをおすすめします。

そのファイルは下記の場所にあります。

マイコンピューター>Cドライブ(場合のよってはDかも>ユーザー>ユーザー名(ログイン名です)>AppData>Temp

AppDataが表示されないときには、こちらの方法で表示ができます。ここのTempフォルダは一時的にファイルを置く場所で、ここにどんどんファイルが溜まっていきます。Tempとは「一時的な」という意味合いでIT業界では使っています。
Tempフォルダ=一時的なファイルを置くフォルダ

ファイルの削除方法

ファイルの削除方法ですが、普通にゴミ箱に入れてもいいのですが、下記の点に注意してください。

・パソコンを立ち上げた後、ソフトウェアをなにも立ち上げない状態で行う
・フォルダのプロパティーで容量を確認して、何十Gbyteもあれば、数回に分けて消す
→Tempフォルダを右クリックプロパティー表示


・ゴミ箱に入れなくて、一気に消す。
→ファイルを選択して「Shiftキーを押しながら右クリック→削除(D)」

空き容量の結果

3.37Gbyteからめでたく43.7Gbyteに容量が増えました!

Windowsの空き容量の結果1

↓↓↓↓↓↓↓↓

Windowsの空き容量の結果2

パソコン関係カテゴリの最新記事